Cafe de sucre

イギリス風な店内でカフェやシフォンケーキ等のスイーツをお楽しみください。守口市日光町「カフェドシュクレ」

HOME»  紅茶のうんちく

紅茶のうんちく

お茶の淹れ方

お茶の淹れ方

 

1.やかんに水を入れ強火にします。

紅茶用の水は、ミネラルウォーターの場合、硬水であまり紅茶には適しませんので軟水の水道水が紅茶の水に最適です。
また、水の中にたくさんの空気が含まれている新鮮な水が必要ですので、勢いよく出したばかりの水を使ってください。
その水をすぐに強火で沸騰させて使ってください。
汲み置きの水や二度沸かしのお湯、沸騰させすぎたお湯などは、空気が含まれていないので、茶葉がジャンピングせずに、紅茶のお湯として適したものではありません。

 

お茶の淹れ方

 

2.ティーポットとティーカップを温めます。
お湯が沸騰始めた頃に、その熱湯をティーポットに入れ、その後ティーカップに注ぎます。
沸騰させているお湯の温度が充分な熱さになるまでの間に予め容器を温めておくためです。

※紅茶の成分を充分抽出したり、冷めにくくするためには高温に保たないといけません。

 

お茶の淹れ方

 

3.ティーポットにリーフを入れお湯を入れます。

お湯が空になったティーポットにリーフを入れて、沸騰してボコボコしてきた瞬間の熱湯(95℃程度)を少し高めの位置から注いで下さい。
あまり長い時間沸騰させすぎるとお湯のなかの空気が抜けて、ジャンピングが起こりにくくなりますので、親指大程度の泡がぼこぼこし始めた時の熱湯を使用して下さい。

 

お茶の淹れ方

 

4.リーフを蒸らし、カップへ注ぎます。

左記画像のような葉っぱのジャンピングを確認し、3分~5分程度蒸らします。
カップが複数ある場合は、濃さ均一になるように適量を順にいれていき、
最後の一滴までティーカップに注いで下さい。

蒸らし時間は極力正確に計って下さい。
同じリーフをでも蒸らし 時間が数秒違うだけで、その紅茶の印象はかなり違ってきます。
ご自分の好みに合わせて、いろいろと試してみて下さい。

 

お茶の淹れ方

 

5.出来上がりです。紅茶の高い香りをお楽しみくださいませ。  

【茶葉の保存について】 
冷蔵庫で保存する必要はなく常温で構いません。煎茶や玉露などの緑茶は冷蔵保存が必要ですが、紅茶は常温保存が最適です。また袋に入れる際は、中の空気を抜いて保存してください。く紅茶は空気にふれると酸化して品質が落ちてしまうので、できるだけ空気に触れさせないようにしてください。缶や瓶の場合は空気を抜けないため保存には適していませんので、できるだけチャック付きの密封できる袋などで保存してください。

 

EPARK スイーツガイド

 

Contents